ライザップのパーソナルトレーナーは意識が低い??

ライザップは良くも悪くも「評判」がたくさんあります。これは会社が大きく会員の母数が多いことなので普通かと思います「結果にコミット」するには担当のパーソナルトレーナーとの相性が必要と伝えているように成功の秘訣はライザップという会社よりもパーソナルトレーナーが鍵となるでしょう。

ライザップのパーソナルトレーナーは意識が低い??

どうも名古屋のパーソナルトレーニングジムにて人生初のダイエットに成功した男です。ダイエットに成功してからはたくさんのダイエット相談がくるようになり、私自身もとても勉強になっています。ダイエットに成功してからもリバウンドは一切しておらずとても楽しい生活をできているので、私がお世話になっているパーソナルトレーニングジム「トレーニングサロンLei」にはとても感謝をしています。

そんな中、私のところへ相談されにくる方の中には「ライザップ」へ入会して結果がうまく出ていない方やライザップへ通ってダイエットに失敗したという方が来られます。

私はこの方たちのお話を聞いて感じたことがあります。

それは、ライザップで働いているパーソナルトレーナーは「意識が低い」ということです。もちろん全てのトレーナーさんを否定する訳ではありません。ただ働いているトレーナーさんの中には明らかに「プロ意識がないトレーナーさん」がいるということです。

プロ意識がないトレーナーの現実

ライザップの一部のトレーナーは本当にプロ意識がないのだと感じたことがあります。それはライザップのトレーナーは「アルバイト」だからという訳でもありません。アルバイトだってプロ意識があり働いている方は多いですし、日本の会社はアルバイトをうまく使い成り立っているとも言えるからです。もちろん私自身もライザップという会社を批判している訳ではありません。ライザップという会社のシステムはスゴいと思います。

ではどういうことかと言いますと、

「働いているトレーナーが真剣に会員のことを考えていない」

「考えていても行動していない」

「トレーナーの心が豊かでない」

ことが挙げられます。

ライザップの客は知っている

ライザップに入会した人で私のところへ相談にくる方は「結果」が出ていないことよりも「トレーナーが・・・」という方が多いです。担当トレーナーは「売り上げ」のことしか考えておらず、思うように結果が出ないと会員のせいにし「裏で愚痴を言っている」という声が多いです。

ライザップのトレーナーは会員に声が漏れていることは気づいていないのかもしれませんが、お金を払っている会員は「地獄の耳」を持っているかのように聞き逃していません。

特にライザップのようなパーソナルトレーニングジムは「高額」です。そして皆さん自分の「悩み」を改善したいという思いで決心して入会しています。なので「心は繊細」です。トレーナーの対応ですぐに気づきます。

ライザップのトレーナーはトレーナーがやりたくてライザップに入ったのか??

ライザップで働いているトレーナーはトレーナーという職業がやりたくてライザップで働いているのか。それとも話題のライザップで働きたくてトレーナーになったのか。

これは疑問です。

私のところへ相談にくる方の話を聞いていると、ライザップのトレーナーはトレーナーがやりたいのではなくライザップで働きたいしか考えていないような気がしてなりません。

もちろんこの考えは悪くないです。

ライザップで働きたくてパーソナルトレーナーになると決断したのはスゴいことです。問題はそのあとです。

ライザップを含めパーソナルトレーナーというのは「技術職」です。

パーソナルトレーナーになった以上は「技術」が求められます。しかしライザップで働いているトレーナーは自ら「技術をあげること」をしないのでしょう。自ら会員を喜ばせることの勉強をしないのでしょう。

はっきり言って一部のトレーナーは「向上心がなく」プロ意識に疑問が感じます。ライザップは「研修制度」がスゴいとも紹介されていますが、いくら研修制度がすごくてもトレーナー本人のプロ意識がなければ無理があるでしょう。

心が豊かではないトレーナー

「ライザップの求人」で検索すればすぐわかるのですが、ライザップのトレーナーは「契約社員」というアルバイトのようなものです。なので言ってみれば「忙しい時期」と「暇な時期」で給料が違うとも言えます。しかしいくら忙しい時期でもライザップの給料は爆発的に増えません。ライザップは歩合制でもあるためしっかりもらっている人もいるでしょう。

しかし、これを踏まえてもライザップのトレーナーで給料に満足している人は「ほんの一握り」だと思います。

この状況を自分に置き換えて考えてみてください。

・もし自分が「契約社員」であり、成績はズバ抜けていい訳でもなく普通。

・忙しい時期は普通の給料がもらえるが、暇な時期は給料が下がるような給料。

・今やっている職業が大好きで何が何でもやりたいという気持ちがない。

この状況でプロ意識がたもてますか??

職業が大好きで将来に希望が持てるなら、給料が低くても、どんな雇用形態でも気にならないでしょう。

しかし好きでもなく、ただこの会社で働いてみたいと思っている方にとってこの環境は苦しいです。プロ意識がたもてるのはごく一部でしょう。

ライザップのトレーナーにプロ意識を求めるな

ライザップという会社がスゴいのは「職人技」がいるものを「素人」でも使いこなせるようなシステムを作ったことでしょう。パーソナルトレーナーとは知識はもちろんですが「経験」がものを言う職種だと思っています。しかし経験がなくても結果を出せるシステムを作ったのがライザップです。なので「もしも」のことも考えられ「全額返金制度」があるのだと思います。

これを簡単に言えば回転寿司屋に「職人」がいないシステムと同じなのかもしれません。

「寿司は作れるけど、握りで美味しさを引き立たせる技はない」と言うことです。

まとめ

ライザップは結果をだす集団であり、もし結果が出なかったら「返金保証」をつけていて、そのためにより多くの人にダイエットを提供できるシステムを作ったスゴい会社であります。そのため、トレーナーにプロ意識を求めることが間違いなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA