【ALFREDOBERETTA】アルフレッドベレッタを買って約半年!!口コミ・感想

アルフレッドベレッタのクラッチバッグ「Sugawara ltd別注カラー」のブラックを購入し約半年経ちましたので感想を書いていこうと思います。

アルフレッドベレッタのクラッチバッグ「Sugawara ltd別注カラー」

BRチャンネルにハマっている40代の中年オヤジです。私の通っているジムのパーソナルトレーナーさんにオシャレを提案され、ジャケパンをオーダーで作ってからオシャレに目覚めたオヤジでございます。

そんな私は見つけたアイテム!!!

アルフレッドベレッタのクラッチバッグ!!!

お値段 108,000円(税別)

お手頃??笑

半年間使ってみた感想はお手頃なのではないかと感じています。




アルフレッドベレッタ使ってみた感想を私なりに解説

半年間、私は毎日のように使っています。なぜかというとクラッチバッグをバックにインして持ち歩くこともありますし、クラッチバッグのみで行動することもまります。

クラッチバッグの中身は

・長財布(ラウンドファイスナータイプ)

・名刺入れ

・完全ワイヤレスイヤホン(もちろんケースごと)

これでちょうど容量が収まります。

全て入れている時のクラッチバッグはこんな感じです。

半年間使っているので少しよれている感じに見合えますが革製品が感じられて素晴らしい!!!

また紺の糸がポイントで入っているのが渋くて何とも言えない魅力ですね!!

ちなみに半年間使っていますが「メンテナンス」は1度もやったことありません。時には雨にも少し濡れています。笑

このようなクラッチバッグやカバンで気になるのは「ベルト部分」ですよね。

本革なのであとがつきますが糸のほつれなどは今の所ありません。

 

金属の部分は流石に無傷ではありませんが綺麗なままです。

中のポケットには予備の名刺やちょっとしたポイントカード入れています。

マナカと大きさを比較するとこんな感じ!!

このクラッチバッグの大きさは便利でスマートですよ!

バッグインバッグで使えるのは私特有なのかもしれませんが。。。

アルフレッドベレッタは中古でもOK?

今私が使っているクラッチバッグはアルフレッドベレッタの中でも「Sugawara ltd別注カラー」2018年モデルというやつらしいです。

別注ってなに?

気にしたこともなかったので今まで知りませんでしたが、「Sugawara」というお店がアルフレッドベレッタに特別に注文を出していているセミオーダー的なやつらしいです。

なので全く同じやつが少ないのかな??

とりあえず自分が欲しいって思った時に「過去の商品で販売終了していた」とか「デザインが少し変わっていた」などの経験ってありますよね。

そんな時に中古でも欲しいって思った経験をした人がいるかと思います。

でも中古って何があるかわからないから手が出しにくいなどの声もありますよね。

でもアルフレッドベレッタなら革がいいと思いますので私は中古でも「あり」だと思います。


ALFREDO Beretta アルフレッド ベレッタ クラッチバッグ 108-26 ブラック/パープル

アルフレッドベレッタとは?

1947年、Natale Berettaによって、ミラノで創業されたブランドらしいです。
クロコダイル、エレファント、オーストリッチ、リザードなどの最高の素材を使って、 流れ作業的な生産ではなく、一人の職人が作り始めから仕上げまでを一貫して 手作業で行う、稀有なレザーブランド、金具などもオリジナルで生産されているそうです。

その技術の高さから、様々な世界の有名ブランドがこぞって自社のレザー アイテム作りを依頼しているほどの品質です。
1991年にはレザーアイテムの国際見本市 「MIPEL」において、最も優れたアイテムに送られる金メダルが授与されているまさに歴史あるブランドです。

ちなみにここまですごいブランドとは知らず、このブログを書くまでブランドを調べもしなかった私が使った率直な感想、かつ少し雑な扱いでいいバッグだと感じたので本当に良いものだと思います。笑

色々な革製品が出ているので買ってみるのもいいかと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA