パーソナルトレーニングジム領収書-経費対応

名古屋のパーソナルトレーニングジムで領収書を発行できるジム、経費として落とせるジムを紹介していきます。「パーソナルトレーニングジム」「マンツーマンジム」「プライベートジム」「肉体改造ジム」は高額となり、経営者の方や個人事業主の方は「領収書」を発行し「経費」として計上できるなら嬉しいですよね。

名古屋で領収書が発行できるパーソナルジム

名古屋で「領収書」が発行できるパーソナルトレーニングジムは「トレーニングサロンLei」があります。ここのパーソナルトレーニングジムは私自身が通っているジムであり、人生初のダイエット成功へ導いてくれたジムでもあります。

しかし、領収書を発行したところで「経費」として受理されない場合もあるそうですので注意しなければいけません。

パーソナルジムで領収書を発行し経費として落とすには??

パーソナルトレーニングジムの料金を経費で落とすには自分の事業にどのように生かすかなどが問われると思います。なので個人的にダイエットしたいだけで通うには「経費」として計上することは難しいと判断されるでしょう。

しかし、「トレーニングサロンLei」のように「業務提携」などのプログラムがあるところはしっかり落とすことができます。

パーソナルジム経費

パーソナルジムを領収書を発行し経費で落とすには

トレーニングサロンLeiでは福利厚生プログラムも充実

名古屋にあるパーソナルトレーニングジム「トレーニングサロンLei」では「芸能界」「企業の福利厚生」などの契約プランがあるため、会社などでできるプログラムを契約することが可能となっています。

現にトレーニングサロンLeiでは「芸能界」の方を専属契約で請け負っていることも事実です。

企業に出向いての「セミナー」や「社長」が自ら肉体改造をしながら「トレーニング」と「食事制限」を習い社員用の資料を元に社員へ身だしなみの教育に当てることも可能となっています。

トレーニングサロンLeiは「人前に立つ人の身だしなみ」をモットーにしている

「人前に立つ職業の人」へ最低限の「身だしなみ」さらに「美を極める肉体改造」を提供してくれる唯一のパーソナルトレーニングジムです。事業が「営業」であったり「サービス業」であったりと「人前に立つお仕事」であれば、体型を整えることは非常に重要な位置づけとなります。

これらをサポートできるプログラムを用意してくれている「トレーニングサロンLei」はとても使い勝手が良いです。

健康診断をしているのに健康に気をつけようとしない社員

私が勤めている会社も言えることなのですが、年1回の健康診断を必須とされているにも関わらず、健康診断を受けたまま健康状態に気を使っていない「社員」が多いと思いませんか??

これは太っていたころの私にも言えることなのですが、健康診断をする1週間前くらいから当日まで食事など気をつけますが、健康診断が終えた直後から全く気にしなくなる人が多いのが正直な話です。

そして数ヶ月後に健康診断の結果がきたころには意識が薄れているため、最悪な結果になるまでは健康に対して意識をする人が少ないはずです。または意識はしているものの「行動」に移す人の割合はとても少ないはずです。

健康診断を無駄にしないためにパーソナルジムへ

健康診断を受けてたくさんの数値が結果として渡されます。しかし、皆さん健康診断の数値がどうなのか「わからない」のが本音です。

これらを把握し、何をどうしたら「痩せる」ことができるのか。「健康」になることができるのか。などを把握するためにもパーソナルトレーニングジムのような「食事指導」と「トレーニング指導」はとても大切です。

会社はお金をかけて「健康診断」をしているのですから、社員に健康診断を受けた結果を踏まえた次の行動をしてもらわないと「無駄」になってしまいます。

体調管理ができている人は仕事も早いと言われています。これを私の経験でお話すると食事をある程度制限して運動週間を身につけると、仕事中に眠くなりません。さらに疲れにくく体が活発となります。

初対面であう取引先の人には伝わるものがあるのでしょう。話が非常にスムーズに進みますし40半ばになり、初めて自分優位な交渉ができるようになって来ています。

これは私自身に自信がついたこと以上に、相手が私への見方を変えていることだと感じています。「人は見た目9割」とは本当のことだと感じた瞬間でした。

なので会社で「身なりを整える」ことを取り入れるのは1人1人の個性や成績がよくなり、結果として会社の業績にも反映されることになります。

パーソナルトレーニングをまずは社長が挑戦することはとても良いことであると思いますのでぜひ参考にしてください。

私がおすすめしている「トレーニングサロンLei」のホームページはこちら

→ http://ts-lei.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA