肉体改造時にラーメンが食べたくなった

肉体改造しているときにどうしてもラーメン食べたくなった!

 

私が肉体改造をしているとき、食事制限糖質制限をしていました。

ご存知に通り、糖質制限は主食抜く食事法です。

なので、ラーメンの麺はもってのほかです。

ラーメンは糖質が高い。

しかし、もっと気をつけなければいけないのが、スープである。

 

私元々太っていたのも、ラーメンが大好きだった。

 

そして、ラーメンを食べ終わった後のスープを飲むことも大好きでした。

 

これでは、太ることも間違えないですよね。

 

そして、糖質制限を真剣にやり始めて思ったこと。

それは、スープ+ご飯!!

 

私は、ラーメン食べた後のスープに白飯を入れて食べていました!

 

しかし、これがやみつきになります。

糖質制限やっていても、どうしても食べたくなったときがありました!

 

しかし、2ヶ月は糖質制限をやると決めたので我慢しました。

 

かなりトレーナーの力を借りました!

 

なので乗り切れたと思います。

 

そして、糖質制限終了後!

私はすぐにラーメンを食べに行きました!

 

一口目のスープ

 

すごく美味しい。

 

感動しました。

そして、麺へ

 

うまい。

 

しかしですね。

これで満足してしまったのです。

すごく満足で全然食べていないのにもういらないという感覚です。

 

なぜこんなに満足感があるかというと、

味覚変わったのです!

全ての味が濃く感じるのです。

 

しかし、もったいない精神がありなんとか完食しました。

 

そうしたら、お店を出た直後です。

 

気持ちが悪くなってしまい吐いてしまいました。

 

私は、糖質制限をしたことにより、悪い脂を受け付けなくなっていたのです。

 

糖質制限はこんなに人の味覚を変えることができるのです。

 

本当に美味しいものは何か。

私自身わかった気がしました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA